5万円でそれなりに高性能なPCを組む

  • カテゴリ:自作PC
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件

今回は5万円でそれなりに高性能なPCを組んでみます

前回の10万円でそれなりに高性能なPCを組んでみるでは本体だけでの見積もりですのでディスプレイ等周辺機器にもお金を割きたい方にはこちらがオススメです。

 

前提としてグラフィックボードを搭載せずにCPUにお金を掛けます。

intelとAMDどちらも内臓グラフィックスを持っていますが今回はintelで行きます。

価格的にcore i7よりcore i5を選択、その中でもIntel Graphics HD 4000を搭載しているCPUは2種類に絞れます。


CPU : intel core i5 3570K 3.4GHz(TB時3.8GHz) キャッシュ6M 4コア4スレッド

【送料無料】 Intel Core i5...

【送料無料】 Intel Core i5... 価格:21,980円(税込、送料込)

intel i5-3570K

 

CPU : intel core i5 3475S 2.9GHz(TB時3.6GHz) キャッシュ6M 4コア4スレッド

intel i5-3475S

後者はかなりレアなCPUでまず手にはいらないので前者で考えていきます。

なぜHD4000に拘るかと言いますと下のグレードのHD2500と比較してものによって3割から2倍以上まで性能差が出ます。

3570Kのワンランク下の3570と比較すると値段の差は2000円以下ですのでここでケチる道理はないと思われます。

その分グラフィックボートを搭載しようとすると浮いた2000円で買えるグラフィックボードだと話になりません。

HD4000の性能はRADEON7450より上回るくらいです。

CPU自体の性能を挙げますととスレッド数こそ少ないですがi7の3770K(3.5GH、TB3.9GHz)と比べても遜色ないレベルです。

ハイパースレッディングが有効で無い環境ですとコア辺りの周波数では逆に上回ります。

あまりマルチスレッドでソフトを動かなさい方にはむしろこちらの方がオススメできますね。


次にマザーボードを考えていきます。

グラフィック出力を持っているということでZ77チップセットを選択。値段的にASRockで探してみます。

 

マザーボード : ASRock Z77MJ MicroATX

【送料無料】 ASRoc...

【送料無料】 ASRoc... 価格:8,680円(税込、送料込)

ASRock > Z77M

MicroATX規格なので拡張性にはやや難がありますがD-Sub、DVI-D、HDMIと出力には何の不満もありません。

電源フェーズが4+2なのは価格的に考えると仕方がないですね。

メモリが2スロットしか刺せないのは少し問題がある気もしますが4G×2で8Gくらいあれば十分と言えば十分かもしれません。

PCIスロットはPCI Express3.0×16が1スロット、PCI Express2.0×16が1スロット、PCIが2スロットです。

更に光デジタル端子付き。

SATA3(6Gb/s)×2,SATA3(3Gb/s)×4と内部拡張性はそこそこです。

 

少しだけ値段が上がりますがワンランク上の物になるとこちらになります。

マザーボード : ASRock Z77Pro4-MJ MicroATX

【送料無料】 ASRock Z7...

【送料無料】 ASRock Z7... 価格:9,280円(税込、送料込)

ASRock > Z77 Pro4-M

Z77MJに比べてメモリスロットが+2、USB2.0ポートが1ポート(2つ)増加 SATA3(6Gb/s)のポートも2倍の4個になり拡張性でも不満が無くなります。

 

MicroATXはいやだ、拡張性も少しは欲しいという方はこちら

マザーボード : ASRock Z77Pro3J ATX規格

【送料無料】 ASRock Z...

【送料無料】 ASRock Z... 価格:9,020円(税込、送料込)

ASRock > Z77 Pro3

電源フェーズは更に減って4+1となりますがその分拡張性は増えています。

PCI Express3.0×16が1スロット、PCI Express2.0×16が1スロット、PCI Express2.0×1が1スロット、PCIが2スロットです。

出力的には前者よりかなり劣ります。映像がD-Sub、HDMIのみ、光デジタルの出力無し。

ドライブ増設はこちらもSATA3(6Gb/s)×2,SATA3(3Gb/s)×4。

Z77MとくらべてUSB2.0ポートが1ポート(2つ)多いのが特徴です。

しかし全体的にZ77Mと比べると劣る感じがしますね。

 

こちらもワンランク上の物があります。

マザーボード : Z77Pro4 ATX

【送料無料】 ASRock Z...

【送料無料】 ASRock Z... 価格:10,980円(税込、送料込)

ASRock > Z77 Pro4

Z77Pro3に比べ値段は上がってしまいますがかなり問題点が改善されています。

電源は4+2フェーズになりDVI-Dと光デジタル端子が追加、SATA3(6Gb/s)が2ポート増加。

しかしなぜかUSB2.0が1ポート減っています。

 

今回紹介したマザーボードはどれもUSB3.0がフロントへの取り出し用のポートを持っていますので追加で増設が可能です。


少し長くなりましたので一度切りたいと思います。 ここまでで大体3万円前後になります。

ケース、メモリ、電源、ストレージで残り2万弱をどう使っていくかが悩みどころですね。

実際はポイントが付いたりするので気長に待てる方ならポイントが付与されてからそのポイントで買ってみたりするのもいいかもしれません。

関連記事
同じカテゴリーの人気ブログを探す

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。